悪魔のいけにえ

悪魔の生贄(いけにえ)【映画】|あらすじ・ネタバレ「人間臭い殺人鬼」

《 あらすじ

テキサスにある祖父の墓参りに訪れた 5人の若者たちは、荒れ果てた『家』に潜む『食人族』と出会う。

彼らはチェーンソーの音が鳴り響く『家』で終わりのない悪夢を見ることになる。

悪魔のいけにえ予告編はこちら

ネタバレ

視聴方法

>> U-NEXT <<

今ならお試し無料会員で視聴できます。視聴期間は 1ヶ月。いつでも解約可能です。

悪魔の生贄(いけにえ)【映画】|あらすじ・ネタバレ「人間臭い殺人鬼」

作品概要

この映画の、ちょっぴりくわしい内容です。

原題The Texas Chain Saw Massacre
制作年1974年
製作国アメリカ合衆国
上映時間83分
監督トビー・フーパー

登場人物とキャスト

映画に出てくる主要登場人物と、それを演じるキャストです。

マリリン・バーンズ  悪魔の生贄(いけにえ)【映画】|あらすじ・ネタバレ「人間臭い殺人鬼」

サリー・ハーデスティ

マリリン・バーンズ
ガンナー・ハンセン 悪魔の生贄(いけにえ)【映画】|あらすじ・ネタバレ「人間臭い殺人鬼」

レザーフェイス

ガンナー・ハンセン

レビュー

他人の意見がすべてではありませんが、この映画を見るべきかどうかの手助けにはなります。

各評価

ロッテントマト
IMDb
metacritic
フィルマークス
映画.com
ヤフー映画

総合評価

3.9

キャッチフレーズ

この映画をおもしろく表現するためのうたい文句です。広告や宣伝に使われます。

・恐怖と血の悪夢となった、のどかな夏の日…

・アメリカの猟奇犯罪。言葉では言い表せないほどの残忍さ

・恐怖を与えることに完全にコミットしている。

トリビア

この映画の雑学的な豆知識です。舞台の裏側がのぞけます。

・終盤のソーヤー家『晩餐シーン』は、外気温 40度近くの締め切った屋内で撮影された。エアコンも扇風機もないため、テーブル上の料理は実際に腐敗臭を放ち、気絶するクルーも。ヒッチハイカー役のエドウィンは「あのシーンの撮影は、私の人生で最悪の時だった」と語っている。

・オープニングのナレーションを担当したジョン・ラケットのギャラはマリファナジョイントだった。

・BGMなどの音楽は一切使用されておらず、代わりに動物が屠殺場で鳴くような音が使われている。

矛盾

何かつじつまが合わないミステイク・ショットです。これらを気にして見てみると、映画がよりおもしろくなります。

・ヒッチハイカーが笑いながらナイフを振る。よく見ると、血が通ったホースが後ろに見えている。

・ヒッチハイカーが自分の手を切った後、彼が夕食に誘うシーンがあるが、手は明らかに無傷である。

・サリーが 2回目に窓から飛び降りるとき、彼女の周りにはガラスの破片がはっきりと見える。カメラが別の角度に変わると、ガラスの破片は消えている。

カテゴリー: 未分類