タクシードライバー

タクシードライバー【映画】|あらすじ・ネタバレ「社会の悪を排除する運転手」

《 あらすじ

舞台は犯罪やドラッグであふれるニューヨーク。夜のタクシー運転手として働く精神不安定なベトナム戦争帰還兵が主役。

未成年の売春婦との出会いをきっかけに、街を『掃除』するべく暴力的な行動に走ってしまう。

ソニー公式動画

ネタバレ

視聴方法

>> U-NEXT <<

今ならお試し無料会員で視聴できます。視聴期間は 1ヶ月。いつでも解約可能です。

タクシードライバー【映画】|あらすじ・ネタバレ「社会の悪を排除する運転手」

作品概要

この映画の、ちょっぴりくわしい内容です。

原題Taxi Driver
制作年1976年
製作国アメリカ合衆国
上映時間113分
監督マーティン・スコセッシ

登場人物とキャスト

映画に出てくる主要登場人物と、それを演じるキャストです。

ロバート・デ・ニーロ  タクシードライバー【映画】|あらすじ・ネタバレ「社会の悪を排除する運転手」

トラヴィス・ビックル

ロバート・デ・ニーロ
ジョディ・フォスター  タクシードライバー【映画】|あらすじ・ネタバレ「社会の悪を排除する運転手」

アイリス

ジョディ・フォスター

レビュー

他人の意見がすべてではありませんが、この映画を見るべきかどうかの手助けにはなります。

各評価

ロッテントマト
IMDb
metacritic
フィルマークス
映画.com
ヤフー映画

総合評価

4.2

キャッチフレーズ

この映画をおもしろく表現するためのうたい文句です。広告や宣伝に使われます。

生きていることを証明しようと必死になる『孤独な忘れられた男』

・「どの都市」の「どの通り」にも「誰かになりたい」と夢見る『誰でもない人』がいる。

トリビア

この映画の雑学的な豆知識です。舞台の裏側がのぞけます。

・ロバート・デ・ニーロは、この役作りのために 1ヶ月間 15時間労働でタクシー運転手をしていたという。

・ロバート・デ・ニーロが 3万 5千ドルの出演契約を結び撮影開始するまでの間、『ゴッドファーザー』でオスカーを受賞し、知名度が急上昇。プロデューサーはデ・ニーロからもっと大きなギャラを要求されると心配し、この映画を中止する口実を探していた。しかしデ・ニーロは当初の契約を守ると言ったので、この映画は作られることになった。

・デ・ニーロが鏡に向かって「ユー・トーキン・トゥー・ミー?」と呟きながら銃を向けるセリフは、彼のアドリブである。後に『アメリカ映画の名セリフベスト 100』で 10位にランクインした。

矛盾

何かつじつまが合わないミステイク・ショットです。これらを気にして見てみると、映画がよりおもしろくなります。

・たくさんの銃が出てくるが、本物とは呼び方が異なる銃も使用されていた。

・トラヴィスが初めてデートで頼んだコーヒーはブラックだったが、飲むコーヒーはミルク入りになっていた。

・トラヴィスとアイリスが朝食をとっているとき、後ろの窓に見える駐車場の車がショットごとに変わっている。

カテゴリー: 未分類