ルーシー

ルーシー【映画】|あらすじ・ネタバレ「悪名高き結末」

《 あらすじ

偶然にも、合成麻薬の運び屋としてマフィアたちの闇取引に巻き込まれたルーシー。腹部に『人間の脳を極限まで覚醒させる新種の麻薬』が埋め込まれてしまう。

その麻薬がルーシーを覚醒させる。やがて彼女は人間の域を超えていく。

ユニバーサル・ピクチャーズ公式動画

ネタバレ

視聴方法

>> U-NEXT <<

今ならお試し無料会員で視聴できます。視聴期間は 1ヶ月。いつでも解約可能です。

ルーシー【映画】|あらすじ・ネタバレ「悪名高き結末」

作品概要

この映画の、ちょっぴりくわしい内容です。

原題Lucy
制作年2014年
製作国フランス / アメリカ合衆国
上映時間89分
監督リュック・ベッソン

登場人物とキャスト

映画に出てくる主要登場人物と、それを演じるキャストです。

スカーレット・ヨハンソン  ルーシー【映画】|あらすじ・ネタバレ「悪名高き結末」

ルーシー

スカーレット・ヨハンソン
モーガン・フリーマン  ルーシー【映画】|あらすじ・ネタバレ「悪名高き結末」

ノーマン博士

モーガン・フリーマン
TwitterInstagramFacebook

レビュー

他人の意見がすべてではありませんが、この映画を見るべきかどうかの手助けにはなります。

各評価

ロッテントマト
IMDb
metacritic
フィルマークス
映画.com
ヤフー映画

総合評価

3.4

キャッチフレーズ

この映画をおもしろく表現するためのうたい文句です。広告や宣伝に使われます。

彼女には『力』がある。

・心を開き、可能性を広げ、進化する。

・通常、人は脳全体の機能の 10%を使っています。では彼女が『100%』で何ができるか想像してみてください。

トリビア

この映画の雑学的な豆知識です。舞台の裏側がのぞけます。

・監督リュック・ベッソンは、このプロジェクトが実現するまでに 10年かかったと語っている。また、この映画は『レオン』『インセプション』『2001年宇宙の旅』を合わせたような作品と称した。

・作中でルーシーがタイムズ・スクエアにいるとき、彼女の右肩の上には監督リュック・ベッソンの先行作品である『ザ・ファミリー』の看板が映っている。

・マフィアにタトゥーを入れる若い女性タトゥーアーティスト。背中にメキシコのグアダルーペ(聖なる死の女)のタトゥーを入れているのが見える。この謎の女性は、映画『3 Days to Kill』でも目撃されているが、どの映画にもクレジットされていない。どちらもリュック・ベッソンが脚本を担当している。

矛盾

何かつじつまが合わないミステイク・ショットです。これらを気にして見てみると、映画がよりおもしろくなります。

・ルーシーは、携帯電話の使用が禁止されているはずのパスポートコントロールエリアで、フランス警察に電話をかけている。

・ルーシーが手術室で死んだ患者をテーブルから転がしたとき、患者が落下から身を守ろうと腕が動いているのが見える。

・ルーシーが警察に追われているとき、カメラにはスタントドライバーがはっきりと映っている。

カテゴリー: 映画