詩集「悪の華」で有名なボードレール。

父との死別、浪費グセ、自殺未遂…

彼の人生はとても悲劇なものでした。

悪の華とボードレールの人生を深掘りしてみます。

ボードレール悲劇の人生
詩集「悪の華」

【ボードレール】悲劇の人生|「悪の華」詩集のウラ側には...

詩人の生誕から死までを退廃的かつ官能的に表現した「悪の華」、フランス語で「Les Fleurs du mal」。

フランス人、シャルル・ピエール・ボードレールによる唯一の詩集です。

悪の華|初版

初版は1857年。この時、ボードレールは36歳でした。

退廃の美と反逆への情熱をうたっています。

・憂鬱と理想
・悪の華
・反逆
・ワイン
・死

この5章構成に、序詩を含めた詩101篇が収録されています。

このうちの6篇が反道徳的であるとして、公序良俗違反を問われました。

・レスボス
・地獄に落ちた女たち
・レーテ
・陽気すぎる娘へ
・宝石
・吸血鬼の変身

これにより詩集は出版禁止。ボードレールは有罪となり、300フランの罰金処分を受けました。

ボードレールは作品ではなく、その罪状で有名になりました。

実はもっと前に刊行予定さていた

1845年「レスボスの女たち」 の題名で詩集の刊行を予告していました。

すでに著者名としてボードレール・デュファイと署名しましたが、これは未完に終わりました。

1848年「冥府」 の題名で詩集の刊行を再予告。しかしこれも実現はしませんでした。

1855年「悪の華」の題名で、詩18篇を雑誌「両世界評論」に発表しました。

これが「悪の華」の原型とされています。そして後に「悪の華」初版が刊行されることになるのです。

「悪の華」は高級娼婦「サバティエ夫人」および女優「マリー・ドーブラン」に出会ったことがきっかけで書かれたものです。

悪の華|第2版

第2版は1861年。禁断の6篇は削除され、新たに32篇を追加して再版されました。

そして「パリ情景」を加えた6章構成に変更され、全127篇を収録しています。

この第2版が決定版となり、現在発売されている「悪の華」となっています。

「悪の華」は象徴派詩人のバイブルとなり、フランスだけでなくヨーロッパやその他世界中にも影響を与えています。

フランス詩史上もっとも重要な詩集だと評価されているほどです。

悪の華|第3版

ボードレールの死後、未発表のものを加え、第3版が刊行されました。

これには、禁断の6篇が収められています。

シャルル・ピエール・ボードレール

【ボードレール】悲劇の人生|「悪の華」詩集のウラ側には...

Charles-Pierre Baudelaire(1821年~1867年)

唯一の詩集「悪の華」では近代人の苦悩と憂鬱や悪を表現し、フランス詩に革命をもたらしました。

「近代詩の父」と称され、散文詩「パリの憂鬱」も高く評価されています。

幼少期〜20代

1821年ボードレールはパリに生まれますが、6歳になる手前、当時61歳であった父と死別をします。

翌年、母が軍人と再婚し、皆でリヨンに移り住みました。

そのあとパリに戻り、学業に才能を示しますが、この時期のフランスは産業革命が進み、とくにパリの街は騒々しくなっていました。

そんななか、成績優秀のボードレールはこっそり逸脱を楽しむようになります。

娼婦を交わるようになり、このことは何度も詩に書かれています。

そのひとつが「悪の華」で有名な「死体に添ひ寝する死体のやうに、或る晩僕は醜悪なユダヤ女の側にゐた」です。

醜悪な娼婦と交わりつつも、絶世の美女を想像しているのです。

遊び呆けて、借金をするようになったボードレール。

義父と兄により、カルカッタ行き遠洋航路の商船「南海号」に半ば強制的に乗船させられます。

道中、船は嵐に遭いますがアメリカ船に助けられ、モーリシャス島のポート・ルイスに入ります。

周囲は青い空、広大なサトウキビ畑、白い上着と帽子をかぶった植民地の紳士たち、ボードレールはこのような世界の中で気づきます。

自分が求めているのは、このような自然と恩恵ではなく、パリの裏町で感じた「あの都会の喧騒とホコリとふしだらなものたちとの交流」であったことを知るのです。

そのあとパリに戻り、カルチェ・ラタンでふたたび借金生活を始めます。

自由かつ堕落した生活を送りながら、ジャンヌという女性と暮らしました。

ボードレールの主要な作品はこうした激動の20代の頃に書かれたのです。

30代

ボードレールはアメリカの小説家で詩人の『エドガー・アラン・ポー』のフランス語翻訳でも功績を残しています。

ポーが亡くなるその前年まで翻訳にのめり込み、1852年には『エドガー・アラン・ポー その生涯と作品』と題する論考を「パリ評論」に発表し、賛辞を捧げました。

初めてポーの本を開いたとき、ボードレールは「自分自身が考えた文章をそこに見い出した」と述べています。また、ポーのアルコール中毒や困窮、悪魔のような幻覚などに、自身との類似性を発見しました。

ボードレールが翻訳したポーの作品は、本国アメリカよりもフランスにおいて高く評価され、フランス象徴派の文学を代表する作品となりました。

40代

ボードレールは酒や女におぼれ、困窮する生活を続けていました。

1866年に倒れて半身不随となり、失語症に陥ります。

その翌年、1867年に梅毒が原因でパリで亡くなりました。

生前には批判されたり詩編の一部が削除されるなどしましたが、死後数十年を経てフランスを代表する詩集となっています。

ボードレール自殺の手紙が落札される

【ボードレール】悲劇の人生|「悪の華」詩集のウラ側には...

ボードレールの自殺を意思した手紙が2018年に競売にかけられ、3,000万円で落札されました。

1845年6月30日、当時24歳のボードレールによって書かれた手紙は、恋人のジャンヌ・ドゥバル宛てのものでした。

「あなたがこの手紙を受け取る頃には私は死んでいるだろう」

「これ以上生きられない、眠った後に再び目が覚めることにもう耐えられないので、命を絶つ」

浪費グセから経済難に!

遺産を浪費してしまい、経済難に陥っていたボードレール。

この日に胸を刺して自殺をはかりましたが失敗。

命に別状はなかったようで、一命を取り留めています。

映画・アニメ「惡の華」

押見修造の同名コミックを映画・アニメ化した異色の青春ドラマです。

ボードレールの詩集「悪の華」の世界に憧れる中学2年の春日高男とひとりの少女。

「ふさぎこまれた青春」が描かれています。

Phantom Film 公式動画

少年にとって心の拠り所とされている「悪の華」ですが、ボードレールの存在は現代にも息づいていることがよくわかります。

押見修造の「惡の華」は、ボードレール「悪の華」に負けないくらい「官能」「醜悪」が表現されている作品になっています。

一度ボードレール作品を読んでから、映画やアニメを味わってみるとより、深い視点で味わうことができるかもしれません。

「惡の華」映画、アニメはU-NEXTで配信されています。

見逃し配信バナー

ボードレール悲劇の人生
おわりに

あまりにも多くの悲劇を経験していたボードレール。

そんな彼の人生の裏側には「女性」がいつもつきまとっていました。

妖艶で殺伐とした作品は今でも語り継がれる名作です。

一度手にとってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類